自殺

先月、僕がバイトしてる塾の生徒さんが亡くなりました。

自殺でした。

高校3年生の男の子でした。僕は1度しか教えたことはないけど、何だか胸に穴が開いたような哀しいような、虚しいような切ない気持ちになりました。

遺書は“ごめんなさい”の一言だったそうです。
自殺の原因ははっきりしていなくて、塾でも色んな噂が流れました。

受験のプレッシャー。イジメ。

葬儀にも出席させてもらいました。多くの人が涙していました。僕も。


人が自分で命を絶つにはよっぽどの覚悟、勇気が必要だと思う。理由なんて本人にしかわからない。

どうして気付いてあげれなかったんだろう。もっと何かしてあげれたんじゃないか。止めることができたんじゃないか。


きっと葬儀の場で涙していた人達の心には、そうゆう想いがあったんじゃないかな。少なくとも僕にはあった。

だけど、それは残された人間のエゴかもしれない。他人にはどうにも出来ない問題だったのかも。


でも、あれだけの人が自分の死を悲しんで、後悔して、涙を流すことを知っていたら違う道があったのかなぁと思った。


辛い時、苦しい時、死は凄く魅力にみえる。全てから解放される楽園のように。
死は遠いようで実は身近なものなんだと思う。自分の行動で誰かが死を選んだり、自分が死を選ぶしか道がないと思ってしまうような状態に陥るかもしれない。忘れちゃいけないと思った。


08/01 18:56

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(4件)

人生

過去の自分。現在の自分。僕はやっぱり自分を好きになれない。

嫌なところ、駄目なところばかりが目につく。他の人に誇れるところは何もない。

その気持ちは今も変わらないし、きっとこれからも変わらないと思う。


僕は不安定なくせに色んなことを自分だけで背負おうとしてた。自分に起きる全てのことは自分に責任があるのだから、責任は自分で負わなければならないと思ってた。答えはいつもYESかNOじゃなきゃいけないと思ってた。僕みたいな人間が求め過ぎちゃいけない。そんな風に考えてた。

まるっきり考え方を変えることは出来ないけど、そこまで極端に考えなくてもいいのかなぁって、もっと力抜いてもいいのかなぁって思えるようになってきた。

時には答えがでなくてもいいと思うし、黒か白だけじゃなくグレーだっていい。“まぁいいか”って“どうにかなる”って考え方もあっていい。色んなことを諦めるのはもったいない。
そんなふうに思うようになった。なったと言うより、そうしている。
僕は僕の人生からは逃れられないから。


07/26 20:56

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(1件)

奇跡2

離れたくない。
離れちゃだめだって思った。


だけど、その時はそれだけ。ちゃんと話しもしないでRは帰ってしまった。

それまでは怖がって自分からは何もできなくて、いつもRに頼って、Rが何かしてくれるのを待ってるだけだったけど、始めて自分から行動した。

Rの所に行って
“好き”って伝えた。

それでまた付き合い出した。ギクシャクしたりすぐには元通りになれなかったけど、一緒にいれるだけで、凄く、凄く幸せだって思った。



こんなに好きな人がいて、その人が隣にいてくれて、自分を好きでいてくれるって、


やっぱり凄い奇跡だなって思う。



今もいつかRの気持ちが変わるんじゃないかとか考えて怖くなるし、凄く不安もある。
だけど、こんな奇跡を簡単に手放しちゃいけないんだって思う。


07/24 21:56

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(2件)

奇跡

久しぶりの更新です。
久々に書こうと思って今までの記事を読み返してみた。最後に書いたのはRと別れた時の記事。

思い出して辛くなった。

あの後、僕はウリをする毎日に戻った。辛かったから、Rと付き合う前の自分に戻ろうって、Rを好きになる前の自分に戻ろうって思ったから。戻って、Rのことも忘れて、一緒に過ごした時間も忘れて、そうすれば辛くなくなると思ったから。

だけど忘れることはできなかった。寝ても覚めても頭の中はRの事でいっぱいだった。
ウリをしても楽になれるどころか辛くなるだけで、生活が成り立たなくなるくらいまで落ち込んだ。

死にたいって久々に思ったし、手首の傷も増えた。

だからあの日、チャイムが鳴ってドアの外にRがいたとき、何も考えられなくなって、体の震えが止まらなくなってRに泣きすがってた。

奇跡だって思った。


07/24 20:57

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(1件)

NonTitle

Rに別れようって言った。

Rもわかったって言った。




僕はRには釣り合わないから。僕にはもったいない人だから。

僕といたら不幸になっちゃうから。



Rには幸せになってほしいから。





なんて言うのは言い訳なのかも。僕はこれ以上Rを好きになるのが怖い。捨てられるんじゃないかとか考えちゃうし、なりたくない自分になってる自分が怖い。だから逃げ出しただけなのかも。




Rとのことを思い出すと眠れない。1人のベットがこんなに寂しいなんて気付かなかった。


12/25 23:27

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(3件)

NonTitle

一昨日、外泊した。
Rじゃない男とsexした。


バーで話しかけてきた男の人と一緒にホテルに行って泊まった。


sexも全然よくなかったし、寝れなかった。


僕はRを好きすぎるから、心がRでいっぱいすぎるから、だから嫉妬したりしちゃうんだと思ったから。だから苦しくなっちゃうんだと思ったから。





だけど、こんなことしても全然意味なかった。僕の気持ちはちっとも変わってない。僕の心はRにしかうめられない。



Rじゃなきゃダメなんだ。





こんなことしなきゃ気付けないなんて僕はどうしようもない奴だ。

それにもうダメかもしれない。

昨日Rに他の男とsexしたことがバレた。

キスマークが付いてたから。




それからRは話さなくなった。


泣いてた。




僕はだめな人間だから好きな人まで傷つけちゃう。Rは僕と付き合わない方がきっと幸せになれる。


12/21 17:12

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(3件)

バカみたい

昨日も一昨日もRのsexの誘いを断った。



Rを困らせてるのはわかってるけど、だけど自分でもどうすればいいのかわからない。

Rはバイト先の女の子と話してただけなのに僕はこんなに嫉妬してる。


話してるだけなら我慢できたけど相手の子がRを好きなのがわかったから。



Rが悪いんじゃない。それはわかってる。僕の気持ちの問題。

嫌いになって欲しくなくて、僕を見てて欲しくて、こんな風にRを困らせて注意をひこうとしてる。バカみたい。こんなことしてたらますます嫌いになっちゃうのに。


12/19 09:17

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(3件)

醜い

僕は最近凄く性格が悪くなった。もともと醜いのに更に。



自分の中で黒い感情が渦巻いてる。嫉妬だとかわがままだとか嫌悪だとかそうゆうの。


Rが女の子と話してるのに凄く嫉妬して馬鹿なこと考えてみたり。そんなことを考えてる自分が嫌になる。


気持ちが暴走しちゃいそうになる。



Rが僕を好きだと言ってくれるのは嬉しいし、大切にしてくれてるのも感じてる。


だけど、それがいつ変わってしまうのかと考えると怖くなってしまう。Rを信じてないんじゃなくて、僕は自分に自信がない。


Rの気持ちが変わらないようにするためなら何でもする。今の僕はRを失ったら壊れてしまう。


12/15 08:28

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(2件)

帰らない

昨日、久しぶりに弟から電話があった。今センターに向けて必死ならしい。

第1志望は僕と同じ大学だと教えてくれた。それで親ともめてたみたい。僕と同じとこなんか行くなって言われてたのかも。


弟の用件は冬休み帰って来るのかってこと。

色々理由をつけて帰れないと答えた。弟からこの話しをされると本当に困ってしまう。

弟には会いたいし、応援してあげたいけど、親は僕に帰ってきてほしくないに決まってるし、僕もあの人達に会いたくない。


それにずっと、大学に入って一人暮らしをはじめたらあの家には一生戻らないって決めてた。



だからあの家には帰らない。



弟はいつでも帰ってきていいんだって言ってくれるけど、そこに僕の居場所はないから。


12/11 18:27

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(2件)

バイト

やっと新しいバイトが決まった。


また塾の個別講師のバイトにした。やっぱり時給がいいし、それに僕は人に教えるのが結構好きなみたいだから。



新しいバイト先はRのバイト先の近く。Rには偶然だって言ったけど、本当はわざと。一緒に帰ったりできるかなと思って。



ちゃんと出来るか心配だけど頑張りたい。


12/10 09:45

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(2件)



Sponsor

Menu

WriterProfile

prof

JACK

Calendar

まえ  2018/8  つぎ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
-- -- -- 01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 --
-- -- -- -- -- -- --

Category

FriendsEntry

      more>>

NewComments

Search

rss
rss2

QRコード